FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダルシアの犬

2007年08月13日 18:00










 


 


 


 監督 : ルイス・ブニュエル


脚本 : サルバドール・ダリ


      ルイス・ブニュエル


(1929・フランス)


 


二人の巨匠、ルイス・ブニュエルとサルバドール・ダリが、


お互いの悪夢を元に共同で脚本を書き上げた、


シュールリアリズムの映画です。


冒頭の、女性の目を切り裂く有名なシーンから始まり、


現実ではありえない不可思議なシーンが続いていきます。


人々に衝撃を与えるためだけに作られた映画。


それは、やはりダリの絵画を思い起こさずにはいられません。


この二人の巨匠が、ちょい役で出演しているのも見逃せません。


( 目を切り裂く男はブニュエル。


二人の修道僧のうちの、片方はダリ。)













アンダルシアの犬


 



アンダルシアの犬
シモーヌ・マルイユ、ピエール・パチョフ 他 (2002/09/25)
アイ・ヴィ・シー
この商品の詳細を見る


 





↓実は犬はでてこないこの映画に、クリックお願いします。

にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ ranking


 ついでにリンクの“ブログひろば”もポチッとね。

スポンサーサイト


コメント

  1. かっしー | URL | BN0VbZSU

    モノトーンで何ともいい風合いですね!
    流れ星(?)とフワフワ雲も素晴らしい!

    私はみてないのですが気合いを入れてからでないと
    やられそうな映画ですね。

  2. ぬぬ太 | URL | 0LAYOHBs

    うーっ、懐かしいけど、思い出すと気持ち悪くなる映画。
    あの、女性の目が、切られるシーンで、小心者のぬぬ太は、うぷぷぷぷでした(吐)

    でも、ひよこ豆さんのイラストは、モノトーンで、あの映画の不思議さを、品良く伝えていますね(笑)。

  3. himawari | URL | YXfnopBU

    すすすすごい!ステキなイラストです~~
    雲が静かに流れて行くのも素敵。。。
    フラッシュの記事にコメント嬉しかったです♪
    参考になるサイトも教えていただいて、本当にありがとうございます!
    これからちょっとずつ勉強して、ひよこ豆さんみたいにいろんな作品紹介できるよう頑張ります!

  4. ひよこ豆 | URL | qx6UTKxA

    かっしー 様

    こんばんはv-280。月曜はモノトーン率が高いのです(笑)。
    自分でもあからさますぎると思います。
    この映画、へんてこんりんですよー。私の中のへんてこりんムービーベスト3に入りますv-338
    後の二つは。。。そのうちに♪



    ぬぬ太 様

    こんばんはv-354。ぬぬ太様は絶対にこの映画見てると思ってましたv-411。あの目のシーンは何度見ても私も正視できませんv-406。。。でも後は不思議というか、なんじゃこりゃーの連続ですよね。1920年代の実験映画、面白いですv-492


    himawari 様

    こんばんは! himawari様の第1作目、私の1作目なんかよりずっとすごいですよーv-20。私も勉強しながら、楽しみながら制作していきたいですv-487。それから、今日ブログのご紹介いただいてありがとうございました! ブログ開設以来アクセス数が今までで一番多いですv-405。himawari様パワーのおかげだと思いました。これからもよろしくお願いします!

  5. りつ | URL | MF8IyTP2

    時代はモノトーンですね。
    札幌でもちょうど
    ダリ展が開催されています。

    ダリの絵は正直
    私の美学からは弾かれてしまうけど、
    考えはとても理解できるような気がします。

    特異性という点においてはですけどもね。
    は~暑い。嫌になる(笑)
    モノトーンでも色味を感じますね。
    ではでは

  6. ぴこぴんたん代理 | URL | WGv/JGO2

    神秘的で素敵な絵ですね~。
    うっとりです~。
    かっしー様が流れ星を指摘してくださったので
    しっかり見逃さなかったよん。
    昨晩は3時間くらいずーっと
    ペルセウス流星群を観察していましたので
    また再会できた気分です。
    あ、たぶん今夜も流れているはず・・・。
    わたしはアンダルシアの犬の
    目のシーンしか見たことないです。
    映画の題名はよく耳にするんですが・・・。

  7. みかん | URL | iTeA9T9I

    素敵ですね・・・ひよこ豆さんの幅の広さが感じられます。
    モノクロが、きつい映像のイメージを
    和らげていると思います。夏の夜の別の意味の怖いお話ですから・・・

  8. artkazuko | URL | mQop/nM.

    アンダルシアのワンワン・・好きな映画です。
    目を切り裂くシーンは現代のどんな衝撃ホラー映画より神経に来ます。
    人間の最も深い本質の部分を見事についているのですね。

    ブニュエルも大好きな映画監督です。

    今回の作品を拝見して、
    「薔薇の名前」という映画を連想してしまいました。
    あの映画も幻想的で不思議なムードの映像美でした。
    トリックはすぐに分かってしまいましたが・・。(笑い)

    画面の黒い犬がそっぽを向いているのがいいです♪

  9. ひよこ豆 | URL | qx6UTKxA

    りつ 様

    ダリ展そちらで開催中ですか! この映画も中で上映されているかもですね。ダリは確かにかなり特異な存在ですね。私はあのわけわからなさが大好きなんですが(^_^;)。
    北海道も暑いですか。ニュースでやってたましたよ。関東も外に出たらアスファルトにじゅーっと溶けてしまいそうv-540。なんとか乗り切りましょう!



    ぴこぴんたん代理 様

    こっそり流れ星を作っていたら。。。
    お空は本当の流星群だったんですねv-354v-354v-354。見逃した~。つか知らんかった~。残念。今夜はもう無理かなあ。。。
    この映画、夏の夜向きかもv-39? なんちって。



    みかん 様

    怖い話ですね(笑)。確かに。あの怖さは絵にできなかったです。。。(^_^;)
    最初見たときは衝撃でしたv-405。でも最近は、見るたびに「いい大人がこんなこと大真面目に演ってるんだなー」と、面白く感じるようになりました。これって麻痺してる。。。v-12


    artkazuko 様

    プロスペローに引き続き、好みが合いましたねv-218。「薔薇の名前」、実はもうラフも描いてあるんだよー。まだイラストにはしてないけど。びっくり!透視力? あれは私、エコの原作が大好きだったんです。映画も美しいですね。上の絵は、修道士になったダリとブニュエルが、己の描いた世界の中でさ迷うの図、のつもりです(笑)。犬は「おれ、出演してないし」って感じv-286。えへ。

  10. yuu | URL | SFo5/nok

    これはほんと一度観たらその衝撃を忘れることのできない作品のひとつですね^_^;
    ダリの絵はほんとごく一般的なものしか知らないないですが(笑)

  11. ひよこ豆 | URL | qx6UTKxA

    yuu 様

    わあ、過去作品まで見ていただいてありがとうございます。この映画、最初見たときは衝撃で鳥肌たたつくらいだったんですが、何回も見ているうちに、あまりのぶっとびぶりに、笑えるようにさえなってきました(笑)。ダリ、偉大です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pluto2007.blog105.fc2.com/tb.php/48-df9f4d62
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。